新築&リフォーム

新築工事について

アルホームは木造ツーバイフォー工法の木造住宅、及び在来工法の木造住宅を皆様に提供しております。

ツーバイフォー工法・・・米国で開発された木造住宅工法です。主として2インチ×4インチ(約5センチ×約10センチ)の角材を針 で接合して骨組みを作り、内外を板張りにして壁下地とする枠組み壁工法。床、外壁に構造用合板を、内部間仕切り天井には石膏ボードを張ることにより耐震、 耐火、気密性に優れています。アメリカ・カナダのほとんどの建物はこの方法で造られています。

在来工法・・・日本の伝統的な建築工法です。土台の上に梁(はり)を掛け渡し斜めに筋違いを入れて補強し壁を組んで作る柱を梁で建 物を支える構造になっているため、増改築が容易で使用する木材によって予算にも柔軟に対応できます。匠に技を生かし、大きな空間を自由に取ることができ、 和の形にこだわりたい人におすすめです。日本の住宅のほとんどはこの工法で造られています。

※各部位の寸法 素材の程度を見て工事プランを立てます。工事必要な部分とそうでない部分、またどういった方法がベストなのかを明確にし、お客さまに提案します。

基礎

基礎は地盤調査後、建物基礎全面に鉄筋を配筋し、その後コンクリートを打設し、立ち上がり基礎と一体化したベタ基礎工法を、そして 床下地材を支える束は調整束を採用しています。従来の土台部分だけの布基礎工法よりも、耐震性かつ防湿性をあげ調整束の採用により不慮の場合にも簡単に補 修工事ができるよう施工をしています。(在来工法も同じ構造です)

躯体(ツーバイフォー)

屋根、床、外壁、内部間仕切り、下地には、ツーバイフォー木材を455mm間隔に施工し、その上に、屋根、床には厚さ12mmの構 造用合板 外壁部には厚さ9mmの構造用合板を、内部間仕切り部には厚さ12.5mmの石膏ボードを施工することにより優れた耐震性、耐火性、高い気密性 を有し、相対的に高い耐久性を実現させています。

屋根ROOF - 経済的で多彩なバリエーション

瓦は葺き変えなくてもいい屋根素材。つまり将来のメンテナンス費用が最小限に抑えられます。さらに断熱性・耐久性の優れた性能を持っている瓦を選ぶことで、月々の光熱費の節約にもなります。

【耐久性】何十年も、ときには百年以上も雨風、暑さ、寒さにさらされ続ける屋根。そんな過酷な条件下でも決して品質・性能が低下しません。もちろん、瓦全体の強度だけでなく、屋根全体としての耐久性も高度な品質を維持します。

【断熱性】建物の1番上にあり、面積の大部分を占める屋根は、真昼の高温と寒気の影響をもっとも受けやすい部分。この大切な部分に効果的な瓦を選ぶことで、空調機器の負担を軽減し、光熱費の節約にもなります。

外壁WALL - コーディネートによって多彩な表情を見せます

建物の外観を装うのは、サイディングなどの外壁だけではありません。窓やバルコニー、テラス、屋根などひとつひとつのパーツが住まいの表情を彩ります。まずはご家族の暮らし、住まいへの好みやこだわりを見つけ、外観スタイルのテイストを決めていきましょう。

床FLOOR - やわらかな色合いと輝きで、癒しの空間を演出

【ファインコート塗装】室内をやさしく包み込むその落ち着いた光沢感が特徴。つややかで肌触りもよく、なめらかな表面に仕上げています。表面に厚膜強化UV塗装を施した「ファインコート」仕上げ。

【スクラッチガード機能】表面には、スリッパや掃除機、おもちゃの引きずりなどによるすり傷を付きにくくする「スクラッチガード機能」を採用。フロアの持つ美しさをより長く保ちます。施行時のフロアの傷つきにも効果的です。

キッチンKITCHEN - 上質なデザインと高い収納力を両立

【デザイン性】今までにないスマートなデザイン。足元までキャビネットの扉面材と同一素材にし、家具のようなインテリア性を実現し ました。食器洗い乾燥機をビルトインしても、引き出しの水平ラインが崩れないデザインとし、さらに、キャビネットの横長ワイド扉がキッチン空間を広く演出 します。扉カバーは多色で、ライン取手とバー取手の選択が可能です。

【機能性】シンクキャビネットの新たな収納提案として、子供に安全なロック付包丁差しや、ラップ、ふきんなどを収納できるパーツを 標準装備しています。また、新足元収納には徳用てんぷら油やボトルに入ったパスタ等、2リットルのボトルも立てたまま入るスペースを確保しています。足元 収納の取手を床から高い位置に設けているので、腰をかがめず楽な姿勢での開閉が可能です。更にガス機器には全口安全装置センサーを標準装備しています。

新築工事の簡単な流れ

[1] カウンセリング

[2] プランニング 話し合い→図面作成→話し合い→図面作成を繰り返し行います。

[3] 契約前最終確認

[4] 契約 書面をもとに契約します

[5] 工事 - 地盤調査→基礎工事→木工事・上棟(上棟式)→配線・配管工事→屋根工事→内装・外装工事→清掃

[6] 最終検査 すべての作業が計画通りに仕上がっているか確認します。

[7] 引渡し

[8] 保障